パソコンスキルの教科書

その結果、プログラミングスキルを活用してお金をいただいていたのです。

ただ注意したいのは、プログラミングの作業全てが楽しいということはありません。

よく分からないエラーに出くわしたり、調べても分からない状況に陥ったりするとイヤになることはよくあります。

それは、プログラミングが他の人よりできるようになった今でも感じます。

プログラミング学習には楽しい部分と辛い部分がある

私は、「プログラミングを楽しく学ぶ」という考えに半分賛成し、半分反対します。

なぜならプログラミング学習は常に楽しいわけではないからです。

例えば私の場合、プログラミングの概念を理解するのは苦労しました。

特に配列、引数という考え方は理解するまで時間がかかりました。実際に挫折してプログラミングの勉強を挫折しています。

しかし、スキルが少しずつ上達していき、仕事で使えるツールを作ったり、自分が考えていた通りにプログラムが動くのを見たりすることは本当に楽しかった。

このように、プログラミング学習には楽しい部分と辛い部分があったのです。

楽しい部分と辛い部分を考慮して、全体としてプログラミング習得の楽しさが勝るというのが正しい表現なのです。

もしプログラミング習得は辛いと感じているなら、楽しく面白く学ぶには達成感と充実感を意識してほしいと強く思います。

お勧め記事
プログラミングのやる気やモチベーション維持維持について